トップ | スタッフブログ

スタッフブログ

魂なのか精霊のお役目ですか?

皆さんは、自分が思ってみてもいないことで、何かにかかわってしまうということを体験したこと、ありますか?

 実は、どうも、わたしは、その役目を知らないうちにやっているようなのです。

 

実際の 生活での役目としては・・娘であるし・・母であるし・・、元主婦であったし、嫁であったし…ですが、そうではない役目なのです・・

 

それに関し 私自身、その中に入ってしまってから、自分のことにびっくりするのです。

 

それは、仕事がらみのことが多いのですが・・ 

理不尽なこと、それは自分に対してではなく・・ 

例えば、一緒の職場の人が、いじめにあっていたのを、観て、許せない・・と思ったとき・・

それと、状況的に、こうなったらまずいでしょ・と予測がつくとき 。

そういう時に思ったことが…実際その通りに起きてしまう・・・

 

それはそれは、びっくりして・・腰を抜かすぐらいの仰天・・ 

 

で、私は、何回か、そんなこと体験した後・・何か私の思考が、現実化させてしまう怖さに、封印をしてしまったのでした。 

 

 その封印をして、かれこれ、30年・・・・

それが…どういうわけか・・今年になり・・私の意志とは関係なく、地雷を踏むように、いろんなことにかかわっている事態に・・・・

そのかかわり方から、自分を守りたいと、自衛本能を出そうと思っても、どういうわけか、かかわっている自分は、まるで、私の意志ではないのに、そのことをやっているのです・・

 

ちょっぴりの自己嫌悪も出ない自分にもびっくりしている・

 

はたと気が付いた・・・あ~~やらされている・・と 

 

若い時のいろんな出来事を思い起こすと・・・これは、私の人生で、やる役目の一つなのかもしれない…と思ったら・・もう、なるようになるさ・・と。

私のエゴがやっているのではない・・

じゃあきっと、魂の休息所に行く前に、人生でどんなことを体験したかと、閻魔大魔王に聞かれても、怖くないな・・・と、つらつらと考えた・・・

 

 

 

 

 


drops | 2016.11.08 | PermaLink | トラックバック(0)

カエル繋がり、バイオダイナミックスの講座にて

今年は、バイオ漬けの毎月です・

去年の12月に決まったアシスタントの話から、私の今年の生活が、今までと全く違った動きになってきました。

 

動きが外に向かってきたのです。

 

癒しの仕事を、するようになり、お客様に来てもらうという展開になってから,待つというスタンスに、どっぷりつかっていて、さらに,バイオダイナミックス大好きのおなじみさんがいつも次の予約を入れるので、集客をすることもなく、何年も 過ごしてきていて、言ってみれば、余計なことを考えないで暮らしていました・・・

 

ところが、今年は、違うのです・・・

 

まったりと、年相応に・・・というのとは反対になっているのです。 

 

 

 

以前カエルの夢の話をずいぶんと書いているのですが・・・・

 

ここで、また…繋がっていたとは・・・・

というのは・・講習会の休憩時間でちょっと、先生と、奥さんと、通訳さんとで、お話をしていたら・・・・・先生もカエル好きだった・・・という、私にとっては、超面白結末なのでした・・

カエルが、ロープで何かを捕まえる・・という以前見た夢は・・実は、今年の私の姿だったのか…と連想させるものでした。 

 

私が、夢で見た、ロープを持ったカエルは・・ 今の私の姿・・アシスタントになって、若い方を育てるという夢・・・だったのかも。

 

2年前に、リーディングをしてくださった、マイケルさんは、私は、自分の経験を伝えて、人の人生を変える、先生だと言っていた・・

ふ~~ンと思っても、何をどうするの?

と思っていたら、去年の12月に、あるきっかけから…ポンとアシスタントの話が舞い降りた。 

 

で、今年、1のアシをやったと思ったら、急に3のアシが足りないので助っ人に・・

どんどん、バイオにかかわり、何かの歯車が回りだしている・・・

で、その行動が、自然と外に向かって、活動が始まっている・・・・

外に向かっての活動は、自然と頭を働かせ、それを具現化する行動を作る・・・

いくつかのカエルをたどっての夢見は、ず~っと続いていたのだった・・

カエルよ、ロープを回し必要なものをゲットせよということだったのですか・・・・

 

何年かかかったけれど…最後の落ちは、休憩の雑談から、すべて解決。

楽しそうにカエルの話をしていた先生は、実は、夢に出てきた」カエルを作った仙人のようなおじさんだったのかも・・ 

カエルは、インドネシアでは、神様のお使いだそうですよ・・と話したら、えらく、盛り上がっていた先生が、いつもと違って観えた・・ 

カエルの話、一件落着。 

 

 

 

 

 


drops | 2016.07.02 | PermaLink | トラックバック(0)

 バイオダイナミックス・オステオパシーと解剖

昨日は、アメリカ研修でご一緒する方の解剖学の授業に参加してきた。

 

実のところ、バイオダイナミックスは、解剖も関係はあるが、解剖の部位の印象が向こうからやってきてくれるので、ことさら、記憶に入れ込むことがなくても、できると思っていました。

 

ところが、4年前、リピートで、バイオ2を受けたときに,頭蓋骨の観察をして、治療が必要なところをするという実習で、いつもの癖で、いきなり、ダイナミック・スティルネスに行ってしまい、頭蓋骨全体の治療をしているのがわかったものの、先生の言っていることの意味通り、できているのか?不安になり、できてますか?・・と確認。

 

すると、先生は、頭頂骨、左、陥没が見えないの? 

と言われた・・・・

言われて、受け手の頭頂部を見ると・・・・あるんです…陥没が・・・

 

それが修正したら教えて・・といい、先生は後ろの椅子に・・

 

私は、その陥没部分を凝視しないように、フォルクラムを感じながら待っていると・・・

クレーターのマトリックスが見え、中心から、水銀のような液が出てきて、クレーターを埋め、表面をきれいに修復したんです。

先生はその様子がわかるようで、グーサインをくれました。

 

その時から…もっと的確に解剖で見たい。

 

まあ、それから今年まで、勉強はしませんでしたが、どうやったら、あのように見えるんだろうか?・・そんなことばかり考えていました・・・

 

 

結局、現実的に、頭の中に解剖を入れるしかないのだと・・・で、ひたすらスケッチ解剖学の色塗りを4か月やり続けてきました。

 

で、解剖が、観える・・ 時がある・・ようになりました・・・・

 

かなりリアル。

 

つい最近、他のお仲間が、海外研修での情報によると、第4スティルネスに入って施術すると、解剖が出てくるそうだ・・

 

ということは、観えるときはそこのレベルにいるということ・・・

 

そして、バイオ2で、観えた頭蓋骨の陥没も、4のレベルにいたので、先生がヒントをくれたということなんだ・・・・と、最近になって、なぜ観えたのかがわかった。

フェーズ9まで行ったものの、この上のレベルになるには,まだまだ学んでおくことが山のようにありそうだと、今年に入って、妙に納得。・・

 

 

70歳になったら、仕事辞めようかな~~などと言っている場合じゃない・・・

 

 

もう少し、やれるだけやっておこうと、この先の人生計画を変更する気になってきた、この頃なのです・・・

  やることが出てきたって、これは幸せなことなんですね・・・・

 

 


drops | 2016.05.01 | PermaLink | トラックバック(0)

 バイオダイナミックス・オステオパシーを使う

なんと、1年近くも、ご無沙汰のブログです・・・・

 

 

去年の11月に、ジム先生の、フェーズ6の講習会で、やった、エクササイズで、面白い体験をした・・

 

 

帰ってきてから、実際に、クライアントさんにやってみると、なかなか面白い考察と、効果があり、 気に入って使っている。

 

 

 

去年、年末の30日の夜中に、すぐ近くにある、中華街の、入り口の交差点で、事故があった。

 

オートバイに乗っている大学生が、タクシーとぶつかり、亡くなったという・・ そこは、中華街に入る道で、大きな道路から、右折ができる場所だ・・

入り口手前に、赤い、消火栓のポールがあり、その元に、お正月はたくさんの花束が置いてあった。 2日だったか3日だったか・・・ 女性たちが、花を添えて、手を合わせていた・・ その周りには、悲しみのエネルギーがその場を覆っていた・・

 

それを感じた私は…悲しみにシンクロしてみる・・

すると、その悲しみは、動き・・私の目を、少し離れた場所に行かせた・・

そこは、黒いエネルギーがあり宙に浮いていた、私には、フォルクラムに思えた・・

そのフォルクラムを感じ、待っていたら、その中に入れてくれ、

そこから、さらに、後方へ引っ張られた・・ そこが、原因の場所・・・・そうぶつかった場所だった・・

 

道路の面を見ると、まさに、その気になったフォルクラムの場所と、原因の場所(衝突場所)に、チョークのしるしがついていた。

ぶつかった場所から、大学生は飛ばされていた・・

事故の日から、数日は、まだ、大学生の魂はそこいたように思えた・・・

そして、友人たちが、花をもって、悲しんでいる様子を見ているようだった・・・

その場所は、しばらく薄い霧がかかっているように見えた・・

 

そんな事件があり、いまだにお花や、ジュースやコーヒーを供えて、友人たちが、亡くなった大学生と会話をしているのを、犬の散歩のたびに見かける・・

 

 

久しぶりに、また、悲しみからつながってみたら・・・・しかし、もうそこには、大学生の魂はいなかった・・

静寂がそこにはあって、もう何もなかった・・・・

そして、空間はクリアーになっていた・・

天へ昇って行ったんだ…と思った・・・

 

心身の不調の場所から、本当に、治療する場所へ導いてくれるTideとの対話は、どんなものにも使える・・・ 結果から辿っていくと、原因までたどれる・・・・・・ 私にとって、バイオダイナミックス・オステオパシーの講座は、いろいろなことを導いてくれる。


drops | 2016.02.28 | PermaLink | トラックバック(0)

ご無沙汰でした

長い長い休眠をしていました。

 

数えてみると、約、2年近く、何も書いていませんでした。

 

この2年間、実はブログを書く時間というか、気持ちがなくなるほど、忙しかったのです。

 

自分の事、仕事の事ではなく・・・姑、実母にかかわっていたのです。

 

多くの中年、熟年がそうでしょう、介護という、最後の親孝行。

 

特に、実母の安住の場を見つけるために、奔走していたので、走り回っていたような毎日でした。

 

それが、去年、4月に、特別養護老人ホームに入居でき、でも頻繁に会いに行き、

それと同時期に、姑が、終末期に入り、いつお迎えが来るか・・という連絡と、もち治ったとの交互の時期が、一年。

最後まで頑張った姑も、去年の夏に、旅立ちました・・・・

 

お決まりの燃え尽き症候群のような、からの巣症候群のような・・・・

 

進行中ではありますが、3人の年寄にかかわっている年数、8年目。

 

最後に、実母が施設に入ったので、体は楽になりましたが・・・・・

気持ちが、緩んだような、気力が起き上がらず・・・・・

文章が書きたいと思わなくなっていました・・・・・・

 

最近、これではいけないのだ・・・・と、ささやく声が・・・・

 

重たい腰を上げ始めた私です・・・・・

 

  次回は、いつになるか・・ですが・・

またよろしくお願いします。 

 


drops | 2015.05.23 | PermaLink | トラックバック(0)

バイオスタデイーグループに出て

今年は、3月のアメリカのバイオ4に始まり、バイオづくしの年となりそう。

先月6月のバイオ2、そして、今月初めのバイオスタデイーコース。

スタデイーコースは、7,8を終えた方たちが、質疑応答、やりたい課題などを、先生を交えて進めていく内容でした。

 

私は始め、参加に関してちょっと消極的でしたが、はじめぐらいは出るかな…という気持ちもあって、出たので、大きな期待はしていませんでした。

しかし、今回は、やっぱり、呼ばれたんだ・・と思わざるを得ない内容が始めからあり、特に最後の日にちで、明らかになった。

 

先生が書いた図の説明に出てくる事と、私が、少し前から読んでいる、ダスカロスや、ゲーリーボーネルの、本から、読み取れることが、バイオダイナミックスの最終目的とが、見事に一致しているのだ。

 

そして、オステオパシーの先駆者は、神秘学にも造詣が深かったということも合点があった。

これを確かめたかったのかもしれない、なんだか惹かれて読み始めたダスカロスや、ゲーリーの講座に出始めていたけど、何でこんな方向になってしまったのかしら・・とちょっと自分の行動に、疑問があったが、偶然ではなかったんだと、授業を聞いていて、脳みそについている電球が、びかっと光ったようだった。

 

最後にやった、実習も、。今までにない、癒しの光がやってきて、受け手を包み込み、優しく力強く癒しているのが感じられた。最高潮には、金、緑に光った十字がこちらに向かってきて、さらに、そこから,四方八方に光を放っていた。

ただただその光を見ている私でしたが、力強く、しかし優しく、いつまでも見ていたい光だった。

しばらくすると、徐々に薄くなり元の癒しの光だけが残っていて、私の手を放すようにさせた・・

私が手を放しても、まだ治療は続けられていることがわかっていた・・・

 

後で、受け手のコメントを聞いたら、はじめから、さらさらした軽い風のようなものが足元からやってきて、すごくよかった・・・とのこと。

私もすごくよかったです・・今まで体験したことないものでした・・・・

と、お互いにコメントし合い、満足したセッションとなり、私自身、こんな良いものを体感させてくれて、感謝の気持ちでした。

何かに導かれているんだと、はっきりと感じた今回の講座でしたが、自分の弱点の部分もわかり、今後の課題とわかり、実に有意義な講座だった。

今年の12月には、アメリカで、小児バイオの2に参加しますが、やっと自分が次のステップに足をかけていることを実感した、有意義な体験でした。

 

 


drops | 2013.07.11 | PermaLink | トラックバック(0)

ソウルスターが・・

昨日の事ですが・・・

 

いつものお客様のセッションの前に、手を洗い、自分で作っているブレンドオイルを手に付け、お客様が着替えが終わり、声がかかるのを待っていた。

 

何も意図していたわけではないのですが・・

私のソウルスターが、身体の中から、ふ~~と外に出て、50センチぐらいの空間に出てきた。

う!!????

何で出てきたのかしら…ソウルスターをつかえというのかしら・・・・

そう思ったが、お客様の声がかかったので、そのまま部屋へ・・・

いつもの通り、バイオダイナミックスを始めようとしたら・・・・

バイオダイナミックスではない、違うセッションが始まってしまったのでした・・・

 

足を触ると、確かに、肩がとても痛く、何かが刺さっているような感じがあり、背中も辛そう・・・

そう感じていたら、ソウルスターがセッションを始めていくのです・・・

私はいるのに、ソウルスターが・・外にいるソウルスターがやっているのです・・・・

自分が二つに分かれているような感覚・・肉体と私の意識はあるけど、私の何かが動いている・・・

 

足のほうからのセッションが終わるころは、痛かった部分がクリアーになっているのを、肉体を持っている私が認識できた。

 

頭のほうから、バイオでチェックしようとしたが、またソウルスターがやっている・・・

終わりのころ、チャクラに色を入れる・・と何かが言っている・・

そこで、私の出番・・私は、第一チャクラから順に、クリアーな色を頭頂のチャクラまでいれていった。

お客様は、さらに深い寝息をかき始め心地よい眠りを続けている、それは確かに気持ちがいいに違いないと私の意識も感じとれた。

 

最後に、バイオダイナミックスで、リバランスしているかをチェックしたら・・・パーフェクトだった・・・

 

セッション終了後、お客様と今日のセッションの話をしたところ、今までのと違って、初めての感覚だった。

肩、首がすごくつらかったけど、軽くなっていて、すごく楽・・・・とのこと・・・

バイオだと、意識があると,どこをやっているか,つらいところが抜けてくるとかが、わかるのですが、今日のは全くわからなかった 。

それはとっても深いレートにはいっていて、天使とか、神とかのエネルギーが施術するときに近い感覚だった・・・

 

お客様もなんだかわからないけどすご~~く早く終わった感じがする・・と言っていた・・・・・

 

う~~ん、これは、新たな道が開けてきたのだろうか・・・・・

不思議だ…なんで、自然に、ソウルスターが飛び出てきたのだろうか・・・・

もう、バイオとかエソテリとかソウルスターとか、メニュー分類せずに、一つで十分ということなのだろうか・・・・

 

マージョリーオロークさんの個人セッションで、あなたは、もうこれ以上他の方法を学ぶ必要はない・・

あなたは、天使に、今日はどうするか聞き、その答えどうりにするだけでいいのです、といわれたことが、これなのだろうか・・・・

いろいろメニューを考えて、HPを作ったけれど・・・・・また施術方法を変更する時期が来るのかしら・・・・・と、あいまいだが、そんな予感がした。

また新たな課題ができたな・・と思ったセッションでした・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

  ,


drops | 2012.12.25 | PermaLink | トラックバック(0)

カエルの次はカメ・・・

昨晩、久しぶりに、スカルにつながりながら眠った・・・・

私が来た☆、ベガの情報をください・・・と。

目をつぶっていると、左上から、青のような紫のような、渦を巻いた光が見えた。

それを見ていると、、、眠ってしまったようだ・・

しばらくすると、画面が…夢の中だ・・・・

 

私は、家の中にいる。

私は、今の私ではない・・・・外国のようだ・・・・いつの時代なのか??

誰かが、これを飼うといいよと言って、亀の子供をくれた。

私は「え・・亀を飼うの?」といっているが、なぜかカメを飼い始めている・・

しばらくすると、亀は、家の中を歩いているが、それは大きくなって、大きなゾウガメになっていた。

それも1匹ではない…3匹ぐらい、のそのそとリビングルームの中を歩いている。

そこで、途切れた・・・・・・・

 

朝起きた時にはっきりその夢を覚えていたので、すぐに、「大天使に会える本」を開き、亀に関係ある場所を探した。

 

水瓶座の天使・・・・あ、これだ・・・・カンビエルという名前・・・

その名前より、みずがめに目が行った・・・

 

最近、ウイリアム・レーネンさんの本を読んでいて、その中に、盛んにみずがめ座の時代ということが書いてあるので、かめ繋がりで夢を見たのかしら・・と思いながら、読んでみると大天使はラジエルとあった。

ラジエルは私の横にいる天使のもう一人なのだ・・・

 

そうか、ウリエルだけじゃなく僕もいるよ・・とラジエルが夢で伝えてくれたのかもしれないな・・・

と、妙に納得してしまった・・・・

それにしても、最近、私の生活環境が目まぐるしく動いているのだが、二人の大天使が、かかわっているのかしら・・・

カエルの夢といい、亀の夢といい、この謎解き夢、面白いな・・これからもっといろいろ見れるといいな・・と思いながら、いつものの1日が始まった。

 

 

 


drops | 2012.11.17 | PermaLink | トラックバック(0)

カエルの意味がわかった・・・・

3か月前に、カエルの夢を見てから、「なんだろう・・・・」と思いながら、カエルが目につき、いろんなシンクロがあった・・・・

 

 

 

夜、お風呂につかりながら、目をつぶっていたら・・・・

ふ!!っと何かのイメージが・・・・・

そのままにしていると、「カエル」という声が聞こえた。

「変容}という声が次に聞こえた・・・・

 

変容・・・・

そうか、カエルって、オタマジャクシから、手足が出て、カエルになると、陸に上がって、自由に移動するよね・・・・・

などと考えていると・・・・

そうか!!私も変容したってことか・・・・と思った・・・

 

今までいた環境から、自由に歩いて行ってるよ・・てことか・・・??・

などと思っていたら、いきなり、天使たちが存在を知らせてきた。

「ミカエル、カマエル、チャミエル、ウリエル、ザトキエル」という声が。

次々に名前が聞こえる・・・・

そうか・・この天使たちがこの考えに賛同してくれたのかしら・・と思った・・・・

 

そう思ったすぐ後に「カエル」という声が・・・・・

「カエル?」・・・・・そういえば・・・・以前買った「大天使に会える本」の中に、星座の大天使というページがあって、かに座生まれは「カエル」だったっけ・・・・と思いだした・・・

 

お風呂から出て、さっそくその本を調べたら、やっぱり「カエル」だった・・・・

以前それを見て、なんだ~~~カエルか~~~~とほほ・・・・・とちょっとがっくりしてたっけ・・・・・

 

しかし今日は違う、ちゃんと読んでみた。

その内容は、まさに私が今行動している内容だったり、そうしたい内容だった・・・・

びっくり、カエル様・・・・今わかりました・・・・

あなたは、私が、行動するために、蛙の夢となって、私を導いていたのですね・・・・

 

以前エンジェリック☆ソウルスターのセミナーで「あなたのそばにいる天使は?」

という質問で答えてくれた、大天使の一人が、ウリエルだったのだが、それは、天体の大天使であり、星座の大天使と同じだったのだ。

いや~~~面白い謎解きだった・・・

今年になって、天使の講座に縁があったり、個人セッションを受けたりしたが、こんなことがあるとは夢にも思わなかった。

いや~~、この先何かあるのか期待してしまうのだが・・・・・

折角の出来事なので、これからは、星座の大天使カエル(ウリエル)につながりながら、、カエルのグッズ、ちょっと集めてみみようかな・・・・

 

この謎解きも、ちょっとわくわくなコレクション行動につながったみたい・・・・・

 

 

写真は、踏ん張り蛙

カエルのキーワードは、忍耐、共感……私超忍耐づよい・・・

 

 

  mini_121111_2330.jpg

 

 


drops | 2012.11.11 | PermaLink | トラックバック(0)

カエルがつながった??

今日、1年ぶりに、千葉に住んでいる、母方の叔父に会いに行った。

叔父は、私の名前の名づけ親でもある。

しばらく、疎遠になっていたが、両親の介護にかかわっているうちに、しばらくあっていない親戚たちと交流ができてきた・・

 

その叔父のところへ、出かけて行ったのだが、おもしろいことに、居間に、亡くなった叔母を囲むように、沢山の人形が飾ってあった。

その中で、、緑が目に入る・・よく見てみると、たくさんのカエルの人形や、カエルが付いた陶器、大きな洗濯バサミについたカエル、コーワのカエル・・・・

「カエルが好きなんですか?」と聞くと・・・・

「いや~~~、冗談で、カエルが好き」と言ったら、訪ねてくる知人たちが、お土産にカエルを持ってきてくれるようになって・・・・・こんなに増えたんだよ・・・」といっていた。

 

あれ~~~不思議・・・・・・

叔父の所に急に行こうと思って日にちを決めたのも、不思議だが、カエルがつながっていたとは・・・・

 

はて・・夢に出てきた爺さんとは・・・叔父の事???

そういえば・・痩せて、白髪で、年恰好は似ていたな・・・・・

これは、今日の訪問を、夢が教えていたのかしら・・・・と、叔父と話していて、思ってしまった。

 

 

カエルの夢が何かメッセージを伝えてくれるのかもしれないと、あれから、また、カエルを買い、飾ったが・・・

あの夢の結末は・・・・こののストーリー展開だったのか????

あ~~~もう一つぐらい、ラッキーなストーリーが来ないかな・・・・・と、欲深な私は願うのです・・・・

 

mini_121104_21330001.jpg

 

 


drops | 2012.11.04 | PermaLink | トラックバック(0)

夢に見た、カエルが見つかった・・・

以前、ブログに書いた、夢で、カエルが出てきて、いったいそれが何を意味しているのか????

というところで、はじめは、頭から離れなかったが、いつしか、いろんなことをやり始めたら、すっかり忘れていて、カエルを探すことさえしなくなっていた・・・・

 

今日、犬のごはん前に、散歩に出かけた。

オスのクリが、朝から、下痢なのだ・・・

3時過ぎに、腰をかがめ、出したいコール・・・

あわててシートに座らせ、抑えていて、下痢が出るまで待っていた・・もう我慢できませ~~~~ん、「ぶり・・・」

あわてて、下痢の、レメデイーを飲ませ、かわいそうなので、散歩に行った・・・・

 

2匹は、中華街のほうへ率先して進む。

最近、できた馬肉屋さんの方向・・・・

いやいや、行かないよ・・というわけで、中華街の外周をコースに。

いつもは行かない道に、雑貨屋さんが・・・

ふっと見ると、カエルの置物が・・・・

いつもなら。犬連れの時は通り過ぎるのだが、何か惹かれるので、犬を係留。

中に入ると・・あるある!!

カエルが沢山!!

 

棚を見ると釣りをしているカエル、天秤棒を持っているカエル、傘を持っているカエル・・・

店員さんに、輪投げのようなロープを持ったカエルある?と聞くと、それはないとのこと。

一番イメージに近い、釣りをしているカエルを買うことに。

そして、もう一つ、石の彫り物で、お祈りをしているカエル・・これは人気のものらしい・・

 

カエルの夢の話を店員さんにした後、カエルは最近はやりなの?と聞くと・・

店員さんは、カエルはインドネシアの神様の使いです・・という返事。

なるほど・・・これはやっぱり何かのメッセージかも・・・・と思いながらいそいそと帰った。

 

家に帰り、紙袋にあるお店の名前を見たら、LOOPだった・・・・・

え!!ループ・・・・・

夢が・・・・つながっている・・・・・・

ループは店の名前だった・・・輪投げ・ロープを持ったカエル・・・・・これか・・・・・

ちょっと鳥肌・・・・・

 

そして、ネットで、カエルの事を見てみる・・・・

カエルは様々な象徴的な意味がある。

中国では、雨を降らせる。月の動物、水(陰)の要素、自然の基本リズムに従って、春分と秋分に火の要素のウズラに変容する。

 

インドでは宇宙を支える、暗く未分化の物質のシンボル。

 

西欧では、カエルは変態するので復活のシンボル。

 

日本では、カエルは幸せをもたらすと信じられている。居場所から引き離してもいつも出発点に帰るといわれる。

災害が起これば身代わりとなってくれる。

 

エジプトでは、世界の創造以前の基本的な4組の蛇とともに、「生命組織のない漠然とした力。原初の水から自然に生まれた被創造物」

 

などなどと書かれている・・・・・

 

そうか・・・・きっとカエルの置物を持っていると、そのうち何かが、またわかってくるだろう・・・

 

しかし、夢の面白さにちょっとわくわく・・・・・・・

そして、何事も焦らず、タイミングが来ると具現化することを実感した。

これは、天の何方かの引き合わせかも知れない・・・

ありがとうございます・・・・・・・・・・・・・ mini_121020_1615.jpg

 

 

 

 


drops | 2012.10.20 | PermaLink | トラックバック(0)

整理するとき・・

今年に入って、私にとって、とても有意義な講座がいくつかあった。

その講座で、新しい、セッションの方法を学んだことで、今までのメニューを整理して、新しいものを入れていこうかと、考えるようになっている。

 

このホームページを造ったときは、もうこれで内容を変えることはない・・・と思っていたが・・・・

私の内面が変化してきているのと同じように、ドロップスも変化を起こす時が来ているようだ。

 

開業当初は、アロマテラピーで始まり、2年間は、100%アロマテラピーだったが、整体が加わり、いつしか整体が70%になったころ、エネルギーワークという導きがあり、8年前から今のメニューに落ち着いていた。

 

今は、ほぼ95%の方はクレニオセイクラル・バイオダイナミックスで、時々ほかのメニューの要望という流れになっている。

 

いつかは、要望のないものを何とかしなければ…と思って、もう3年ぐらいになっている。

 

今回、おもしろいマヤの昔のヒーリングや、シャーマニックヒーリング、そして、ソウルスターのプラクテイショナーに認定されたことを機会にソウルスターのセッションなど、ちょっと新しいものを入れ替えていこうかと考えている。

 

しかし…結構のんびりな私は、今、構想ばかりで、先に進まない・・・・・

 

しかるべきタイミングが私を行動に進ませるかもしれない・・・・・・

 

 


drops | 2012.10.19 | PermaLink | トラックバック(0)

トルテイック マヤ ・・・・

今年に入ってから、私は不思議な分野に突入している。

去年、気になっていた13の月の講習会に出たが、今一つわからないまま、マヤ歴の成り立ちやサイクルをおぼろげにして、そのままになっていた。

 

 

しかし、呼ばれるというのはこういうことなのか・・

 

今年に入ってから、マヤとか、トルテイック関連の本を何冊も読み、講習会にひかれ、受講することに。

ソウルスターの講座でも、マージョリーさんは熱く自分とトルテイックやヤマと自分とのつながりを話されていた。

 

 

若いころ、インカの音楽を初めて聞いたとき、なぜか懐かしい思いをしたころがあった。

街中で、フォルクローレの曲が流れていると、足が向いてしまうことがある。

テレビで、マヤの関係した番組は外さない。

インカのピラミッドで生贄にされる話を、怖いけど読んでいた・・

ペルーのアルパカのセーターは大好き・・

 私って、中南米好きだな・・・・とずっと思っていた。

きっと南米のインデイアンだったかもしれない。  

などと思っていた時期もあった・・・・

 

 

そして、今年、また、なぜか思い出したように、トルテイック、マヤのキーワード。

 

もしかして、遠い昔の時代のDNAガ少しは入っているのかもしれない。

今回学んだ、クリスタル・スカルとコンタクトして、昔の何かがわかるといいのだが・・・・

スカルを横において眠る日々である。

 

そして、今回、自分の魂の一部を、どこか封じててしまった、その魂のかけらを見つけに行く旅・・ストーキングもなかなかパワフルな癒しの技法。

私は今回、やってみて、自分のハートの中の何かが埋まったのを感じた。

生きてきた中で、魂の一部をどこかにしまってしまい、穴が開いたままになっているところを、旅に出て見つけ、ハートに戻す方法。

昔の人は素晴らしい方法を持っていたのだ・・そして秘かにそれを伝えていたんだ・・・・

 

今回の講座は、私の魂の一部を修復するのにとても必要なものに違いないと思っている。

 

魂や人生のピースが、今回出会った技法によって、引き寄せられて埋まっていく。

そして、自分という存在が明らかになっていく・・・・

昔に感じていた自分より、豊かになっていくのがわかってきた・・・・・

 

面白い講座に感謝・・・・・・

 

 

 

 

 

 


drops | 2012.10.11 | PermaLink | トラックバック(0)

ブラックホールガーデイアンズとつながる

今日、お風呂に入っていて、急に、セラフィムブループリントのエネルギーとつながってみようと思った。

セラフィムのエネルギーとつながるのは、本当に久しぶり。

 

今年になってから、ワークショップが忙しく、あまり、必要に思わなかった。

 

なぜか急に、ブラックホールガーデイアンズとつながりたいと思った。

このエネルギーは、結構好きな一つ。

 

大きな渦に入ると、吸い込まれそうになる・・・

中から、何かを持っていかれて、そのあとには大きな深呼吸が出る、

何回も何回も繰り返す・・・・・・

しばらくすると、奥のほうに、うごめく光…・私には、群青色に渋い緑が混ざったような風に見える・・・

それを上のほうから眺めている私・・・・・

 

しばらくすると消えていく・・・・

あとは、何もなかったように、ふっと自分に戻る・・・・

 

それだけなのですが、自分の中にある何かが持っていかれて、体が楽になる・・・

いらない感情をダストシュートに持っていかれたような感じ・・・

 

だから私は自分の体が重かったり、調子の悪い時にこのエネルギーを思い出すのかもしれない。

昔の、ふたをしていた感情が浮上して、自分の心を占領し、体調が悪くなったときは、必ず思い出すエネルギーなのだ・・・・

この1週間、また、浮上したエネルギーに悩まされていたが、今日の、ブラックホールに捨て去るために、浮上してきたのかもしれない。

この、ブラックホールに、いらないものを捨ててくれる、ガーデイアンズはセラフィムブループリントの4で出てくるのですが、私はこの4の二つのエネルギーは好きなもののひとつ。

 

宇宙に飛んで行って、浮いている感覚が大好き・・・・

そして、光とつながる感覚が体験できたのもこの4。

微細なエネルギーが、何層もの深い深い部分の、修復をしてくれるように思ったこの4のエネルギーは、自分のケアによく使うエネルギーとして大事にしています。

 

 


drops | 2012.09.16 | PermaLink | トラックバック(0)

ボルダリングの成果・・・?

ボルダリングを8月末から始めた・・

始めは、ボケ防止と体力づくりになるかしら・・・

 

初めてのジムは、横浜にあるB-PUMP2でした。

初めてにしては、いいですよ・・などとおだてられ、また来ます・・と言ってしまったが・・・

 

関内にある、私の仕事場のすぐ近くに、MAMMUTというスイスの登山用品のショップができ、その中に、ボルダリングジムができたので、そこに行くことにした。

 

今日は、3回目、開店すぐだったので、あまりいなかったので、集中して数回上り、ささっと、帰ってきた。

1回目より2回目、3回目は、気持ちが慣れてきた様で、ゴールの高さに恐怖がなくなった。

しかし、あそこのゴールに手が届かない・・と、苦戦していると、どこからか、経験者のお兄さんが、見かねて、右足もう一段上がれますか?そうしたら、届くと思いますよ・・とアドバイス。

右足を一つ上げて、体重をしっかりその右足に乗せこむと、自然に左手が大きく伸びてゴールに届いた。

なるほど、これは体重の移動がかなり重要だ・・と納得。

先週も、小さな声で「どうすんだ?。。え?どうすんだ?」と独り言を言っていたら、見かねたお兄さんが、そっとアドバイス。

左で、先に掴むと右がとりやすいですよ・・・・・

 

見てないようで、しっかり観察されているようだ……最近の若者は優しいね・・・・

 

という、ばあさんのボルダリング通いだが、思わぬ効果が、早くも出ている。

まずは、おなかのたるみ皮膚がしまって、もうたるんでない・・・・これすごい。

そして、指、腕の力がすごくついている。洗濯するのに、ソファーのカバーリングのマジックテープの取り外しが、前回やっとだったのが、らくらくと引っ張り外せた。

そして、足がしっかり地について歩いている感じがする。

そして、太ももが、細くなっている・・・

そして、体側もしまってる・・・

 

これ、たった2回目に感じたことです・・・

若い人だけでなく中高年、大いにやるべし・・・と大いに思いました。

 

心なしか、頭の中もはっきりして、行動も機敏になった私です。

 

 

 

 


drops | 2012.09.05 | PermaLink | トラックバック(0)