スタッフブログ

ラクダのつがるさん

今日の朝、いつものようにテレビにスイッチをいれた。

チャンネルはNHKになっていた。ラクダの話をしていて、野毛山動物園に引き取られていった経過をはなしていた。

野毛山動物園では、そのラクダをとても大事に(ほかの動物ももちろん大事にしているのでしょう)していて、子どもたちや、そのラクダのつがるさんを知っている人たちのことを紹介していた。

つがるさんの姿はやっぱりお年寄りそのもの。34歳というから人間で言うと??90過ぎぐらいなのかしら?

その姿、顔を見ていると…どこかで見たような・・・・

人間のお年寄りとおんなじ顔している、私の姑、実父はホームにいて、時々訪問しますが、なんだか、つがるさんを見ていると、そこにいるお年寄りたちの姿とオーバーラップしてしまい、何とも言えない感情がでてしまい、朝から泣いてしまった。

 人間も高齢になると、胎児の顔とにているなと思ったことがある。

胎児の顔が、この世界に生まれ、少しずつ外の刺激や環境で顔つきも変化してきて、やがて、年をとってきて、人生の終盤になってくるころには、また胎児の顔つきに戻っていくのだろうか・・・

そんなことを考えさせられたラクダのつがるさん。

動物は(哺乳類)、みんなはじめと終わりは似たような顔にになるんだな・・

6月に学んだアニマルヒーリングで、動物にも人間と同じ感情がちゃんとあると聞いたが、らくだのつがるさんからも、今、幸せ、という感情が、画面から伝わってくる。

人間がしてくれたこと、ちゃんと分かっているんだな、いろんな人が自分のこと気にかけてくれてるって・・・やさしい、温和な顔のつがるさんだった。

なんだか急に動物園に行ってみたい気分になった。

 

 


drops | 2010.07.31 | PermaLink | トラックバック(0)

急に暑くなって・・

今年は、介護が少し落ち着いてきたので、講習会へ参加しようと思っていました。

そう思っていると、興味のある情報がやってきます。

 

アニマルニーリング、7年ぶりにエソテリックヒーリングの4、太陽系の惑星のエネルギーツアー、「う~~ん、なんだか面白そう!!」と6月、7月に集中しているセミナーをせっせとやっています。

 アニマルヒーリングは、我が家でも犬、猫がいるので興味があり、出てみましたが、動物とコミュニケーションしたり、ヒーリングのときに先生のエリザベスさんが自分で作ったハーブの浸出オイル、精油などをどんな方法でセッションに使っているかを見せてもらい、なるほど・・と参考になった。

我が家では、精油で作った軟膏やホメオパシーのレメデイーを使ったりしていますが、ハーブを使ったりオイルを自分で作ってみようと考えています。

 

エソテリックヒーリングは私が初めてエネルギーワークを知ったきっかけのものです。

アリスベイリーがチベットの高僧に導かれ伝授されてというもので、人間の物質界での成り立ちなどを基本において、チャクラとその関係ある器官とをバランスしてく方法ですが、私には、1,2,3とやってきていて、有意義なツールとなっていて、チベッタン エソテリックヒーリングとネーミングして、メニューにしています。

4ともなると、繊細でち密な器官を調整するので、いつもと違った緊張がありました。

今までより、難しく、これはかなり確信となるものをつかまないといけない・・と思うほど高次な内容でした。

7月は、惑星のコースを、週2回出ていますが、これもパワフル。

必要な方にはチューニングできるので、おいおいお知らせしようと思っています。

 

そんなわけで、2,3日前から急に暑くなっているうえに、エネルギーをアチューンメントしているせいで、

体の中も熱い!!普段首筋から汗など出ないのに、だらだら状態の毎日です。

でも、パワフル感みなぎり、雑草取りや、年寄りの世話に疲れを感じずやれてます。

エネルギーさまさまの私です。

 

 

 

 

 


drops | 2010.07.17 | PermaLink | トラックバック(0)