スタッフブログ

アバンダンテイア アバンダンスレイ

前の日に、セラフィムブループリントのワークショップをし、次の日、きゅうに日にち変更で、アバンダンテイア アバンダンスレイの伝授セッションをすることになった。

簡単に説明してから、始めた。

伝授そのものは簡単で伝授そのものは、30分ぐらい・・

その日のエネルギーもすこぶるよかった・・・

強い強い・・自分でもウワ~~~と思っていた・・・お客様は眠ってしまったらしい・・・

でも、お客様は光っていた・・・

 

終了後、そのお客さまは、びっくりすることが・・・と、前回の予約から、今日にひにちを、何故変えたか、のお話をしてくださった。

内容は、書けませんが、このエネルギーをやることが絶妙なタイミングでシンクロを起こしていたという。

このセッションを決めてから、まだセッションをしていないのに、公私とも、何かが変化し始めていて、それで、日にちを早めるほうがいいと感じたそうだ・・・・・

 

絶妙なタイミングで、自分の人生が変容を始めるって、こういうことなんだわ・・と、お客様が帰られたあと、つくづく思ってしまった。

自分のことでないけれど、・・自分のようにわくわくしてしまった・・・・

これこそ、私がみんなに体験して変容してもらいたい事なのよね・・・・

自分の身体を立て直し、自分の、エネルギーを整え、意識が変容して、今までとちょっぴり変化して…さらに必要なものを、得るために、助けてくれるエネルギー回路をつくる、そしてそれを活用して、自分の人生で成功体験を作ってほしい・・・・

それが、今度のドロップスの新しいホームページで言いたいこと・・・

いや~~彼女が手始めにやって下さいました・・・・

うれしい!! の一言です。

 

 


drops | 2010.08.10 | PermaLink | トラックバック(0)

セラフィムブループリント ワークショップ

先日、久しぶりにセラフィムブループリントのワークショップをやりました。

 

2年前に、ドロップスのお客様の中でスピリチュアルな事に興味がありそうな方にお話しして、始めたワークショップ。

お客様の半分ぐらいの方が日にちを分けて1,2とやることができました。

その後、2年は両親の介護などで、ワークショップを開くという考えが起きなく、何んとなくそのままになっていたのです。

ところが、先日、2年ぶりに来日した、ルースの惑星のワークのワークショップに出て、3以降のティチャーコースをどうしようかな・・・と考えていた矢先に、今回のセラフィムブループリントの1を受けたいと連絡があったのでした。

びっくりしました。

 一人で1を受ける・・・これは3以降のティチャーコースも取れということか?

ということで、シドニーのルースのところへ行かない?と誘われていて、どうするかな・・と思っていた私に、

何かメッセージなのかしら・・と思わせるような連絡だった。

 

 

その日のワークショップは、なかなかの面白さだった。

伝授した後、10分ぐらいの休みを取りながらまた伝授という過程を取るのですが・・

5,6人、最低でも二人に対してのワークショップの感覚と、一人にするのとはどんななのか・・・・と思っていたが、受けてくださった方が非常にエネルギーに敏感だった方なので、とても素晴らしい体験をすることができた。

エネルギーの回路を作るたびに、光輝く、環や波が現れ、熱く、気持ちよく・・・こんなの初めて・・・・

もちろん相手の方は、また別の感覚がありましたが、おおむね、感じたのは近く・・・

きてましたよね・・たくさん・・とか、すごかったですよね・・・・というと、意味がわかった感じで、何とも言えない同じ感覚が心地よかった・・・・・・

う~~ん、久しぶりに流すのに、なかなか強いエネルギーになっている・・・・

ルースの惑星のワークも、なかなかパワフルで、その後のいつものセッションでも、今までと違う何かが出てきたと感じていたが、こんなところにも影響が出ているのだろうか・・・・

なにしろ、その日は、自家発電のように熱くて、でも気持ちもよくて、元気になっていた。

いや~~、やっぱり、セラフィムブループリント、また頑張ってワークショップ、企画していこうか・・・

メニューにしたものの、ちょっと消極的だったけど・・・

 

みなさん、セラフィムブループリント、いいですよ・・・・

 

 


drops | 2010.08.10 | PermaLink | トラックバック(0)

アテナ・ウイズダムレイさまさま

久しぶりに、アテナのエネルギーにお願いしてしまいました。

こんなときばかりで、ごめんなさい・・・でも、やっぱり強い味方です。

 

事の発端は、息子が、自分の部屋のエアコンのコントローラーを自室のどこかで無くし、ダイニングのコントローラーを使っていて、うっかり、会社まで持って行ってしまった・・・という事件。

 

それは昨日のことなのですが、それに気がついた息子から、8時半ごろに電話が来た。

いつものように、犬、猫に朝ご飯をあげていて、バタバタしていた。

会社について気がついたので、また持って帰るという内容、私一人なら、いいわ・・というところだが、出張前に休みを取っている旦那が怒るに決まっているし、犬もかわいそう・・・・・

旦那の部屋は冷蔵庫状態、ヘアレス犬の2匹は、先日そこにいて風邪をひいた。

じゃあ、持って帰ってきて…ということに、旦那は朝起きてきて、コントローラーがないことを、もう知っていて、

「コントローラーが見当たらないどこにあるんだ!!」といっていた。

息子が持って行ったので「持って帰ってくるって・」・・・・と伝えたものの・・・朝から暑い!!!・…さらに連絡があってから、仕事場からすぐに出られないのか、2時間以上たっても戻ってこない!!!!!

 

我慢できん!!探すか!!っと2階の息子の部屋へ・・・・

が~~!!!・・・・・・・・床に、山の道具やリュックが散乱!!!

いやいや・・・先日部屋掃除したんじゃないの??????

濡れたタオルを首に巻き、窓を全開して探し出すも、床の道具、布団、マットレス、などなどを干したり、選別したりと、本筋のコントローラーを探しながらという作業は、難航した。

気がつくと12時すぎになっていた。

「あ~~~~これ以上やると、頭が痛くなりそう」と思い、ペンジュラムで場所探すか・・と思い、ペンジュラムをぐるぐる回したら、急に「アテナ ウイズダムレイ」という言葉がうかんだ・・・

そうだわ、忘れていたわ・・・「すみません、また探し物お願いします・・・」とアテナにお願いしながら階段をのぼった。

部屋に入り、考えずに、手が出るところから整理を始めた。それは、プラ・カゴに入ったコミックだった。そうか、籠の中に入っているかも知れない…そう思い、本を、階段わきのボックスに移動して並べ、また戻って、次のカゴを整理しようと、ふっと、その奥を見たら・・・「あった!!」ありました。 時間にして、5分もしないうちです。

息子は、コミックの本の上に置いたのかもしれません、それがずり落ちて後ろに入り込んでいたようです。

思わず大きな声で「コントローラー発見!!」と言ってしまった。隣の冷蔵庫のような部屋から旦那も出てきて、「あ~~~よかった・・・」「う~~、あんたは隣で知らん顔して涼んでいたんでしょが・・・・」

というわけで、もっと早くにアテナを思い出していればよかった・・と思い、息子にメールしたら、電話が来た。もう家の下の駐車場についているとの連絡。

下まで、とりにいくとということで、朝作ったおにぎりを、持って行かせた。

 

まったくね・・・ちょっと注意すればいい事件だが、私は、またまたアテナのすごさを実感してしまった。

探し物以外の事を体験してみたいが、計画してできることではないので、それは伝授したお客様からの報告を楽しみにしたい。

 私にとって、今やなくてはならない女神様です。

 

 

 

 

 

 


drops | 2010.08.04 | PermaLink | トラックバック(0)