スタッフブログ

カエル繋がり、バイオダイナミックスの講座にて

今年は、バイオ漬けの毎月です・

去年の12月に決まったアシスタントの話から、私の今年の生活が、今までと全く違った動きになってきました。

 

動きが外に向かってきたのです。

 

癒しの仕事を、するようになり、お客様に来てもらうという展開になってから,待つというスタンスに、どっぷりつかっていて、さらに,バイオダイナミックス大好きのおなじみさんがいつも次の予約を入れるので、集客をすることもなく、何年も 過ごしてきていて、言ってみれば、余計なことを考えないで暮らしていました・・・

 

ところが、今年は、違うのです・・・

 

まったりと、年相応に・・・というのとは反対になっているのです。 

 

 

 

以前カエルの夢の話をずいぶんと書いているのですが・・・・

 

ここで、また…繋がっていたとは・・・・

というのは・・講習会の休憩時間でちょっと、先生と、奥さんと、通訳さんとで、お話をしていたら・・・・・先生もカエル好きだった・・・という、私にとっては、超面白結末なのでした・・

カエルが、ロープで何かを捕まえる・・という以前見た夢は・・実は、今年の私の姿だったのか…と連想させるものでした。 

 

私が、夢で見た、ロープを持ったカエルは・・ 今の私の姿・・アシスタントになって、若い方を育てるという夢・・・だったのかも。

 

2年前に、リーディングをしてくださった、マイケルさんは、私は、自分の経験を伝えて、人の人生を変える、先生だと言っていた・・

ふ~~ンと思っても、何をどうするの?

と思っていたら、去年の12月に、あるきっかけから…ポンとアシスタントの話が舞い降りた。 

 

で、今年、1のアシをやったと思ったら、急に3のアシが足りないので助っ人に・・

どんどん、バイオにかかわり、何かの歯車が回りだしている・・・

で、その行動が、自然と外に向かって、活動が始まっている・・・・

外に向かっての活動は、自然と頭を働かせ、それを具現化する行動を作る・・・

いくつかのカエルをたどっての夢見は、ず~っと続いていたのだった・・

カエルよ、ロープを回し必要なものをゲットせよということだったのですか・・・・

 

何年かかかったけれど…最後の落ちは、休憩の雑談から、すべて解決。

楽しそうにカエルの話をしていた先生は、実は、夢に出てきた」カエルを作った仙人のようなおじさんだったのかも・・ 

カエルは、インドネシアでは、神様のお使いだそうですよ・・と話したら、えらく、盛り上がっていた先生が、いつもと違って観えた・・ 

カエルの話、一件落着。 

 

 

 

 

 


drops | 2016.07.02 | PermaLink | トラックバック(0)